<   2007年 09月 ( 24 )   > この月の画像一覧

五箇山和紙祭り(携帯から)

 9月29日(土曜日)晴れ   

 富山県五箇山の和紙祭りに来ています。
五箇山は白川郷と並んで合掌造りが世界遺産に指定されています。
今夜はその合掌造りの民宿に宿泊します。
囲炉裏では夕食の『いわな』が美味しそうに焼けています。
f0009028_1704830.jpg


f0009028_2134402.jpg

 炭火の温かさや火の色が優しくて囲炉裏回りの人たちも心穏やかになるようです。
[PR]
by nwasi | 2007-09-29 17:00 | 日記

中秋の名月

 9月26日(水曜日)晴れ

 一日遅れの『中秋の名月』です。
夕食後外へ出てみたら見事な月が見えたのでデジカメで撮影しました。
f0009028_19345281.jpg

 昨夜携帯で撮ったのよりは増しですが、ご覧のとおりお粗末な一枚でした。
[PR]
by nwasi | 2007-09-26 19:35 | 日記

我が家の庭にも秋!

 9月26日(水曜日)晴れ

 昨夜は中秋の名月、午後7時頃東の空に見事な月が上がり始めました。
その後友人と食事をしていたので月のことはすっかり念頭から離れていました。
帰途11時を過ぎた頃、待望の月は雲がかかっていましたが明るい夜空です。
時々雲の切れ間から顔を出すので、そのつど自転車を降りて携帯で撮ってみますが、
私の腕では全々だめ、真っ暗な中に小さな小さな点が一つ・・・・、
深夜の街頭で一人笑っちゃいました。   (夜景はどのように撮るのでしょうね・・・?)
そして家が近ずく頃には雨もぽつりと当たり始めました。
 
 一夜明けた今日は快晴ーー! 動くとまだ汗ばみますが、
その汗ばんだ頬に秋の風が心地良いです。
 
 久しぶりに庭に出て見ました。 ナンバンキセルがかなり先から咲いていたようです。
f0009028_1505415.jpg

 ススキミョウガに寄生して繁殖します。 (我が家はススキです)

 ホトトギス
 一番早く咲くこの品種の名前は分りません。
f0009028_1532452.jpg

 こちらはタイワンホトトギス  一般のものより華奢で好きです。
f0009028_1553316.jpg

[PR]
by nwasi | 2007-09-26 15:10 | 日記

10月の教材

つりばな
f0009028_1913452.jpg

 数年前に友人から「つりばな」だと言って頂き、庭に植樹しました。 
とても可愛い実をすぐにもちぎれてしまいそうな細い柄にぶら下げています。
 
 10月の教材にと色紙に仕上げてみました。 
まゆみつりばなは同じなのでしょうか?

 戸隠の奥社の近くにたくさん見かけました。
その折にも「つりばな」と言っているのが聞こえましたが…?
 私にはまゆみつりばなの区別が付かないのです。
[PR]
by nwasi | 2007-09-25 19:13 | お知らせ

ミズオオバコ

 9月24日(月曜日)晴れ

 この間から池に咲く「名前が分らず気になっていた花」があります。
昨日も画像に収めたのですが、小さな花で遠くからでは画像は不鮮明、失敗でした!
その時Oさんに「テレビで”ミゾオオバコ”って言ってたみたい・・・?」と話していたら、
今朝ネットでしらべて『ミズオオバコ』だと知らせてくれました。
そうとくれば直ぐに出かけて見なければいけません。
 出かけると言っても金谷山までは車で3分、躊躇するなんていう場所ではありません。
Oさんと一緒だと危ないと言って止められるので今日は一人、しめしめと出かけたわけです。

      さくを超えて水際まで降りて行きました。
f0009028_1032953.jpg

f0009028_10322521.jpg

 ひつじ草より更に小さく3cm弱くらいでしょうか、白に混じって薄いピンクもありました。

        池のそばでは赤トンボが羽を休めていました。
f0009028_10431779.jpg

 子供の頃には歩いているとぶつかるくらいにたくさん飛び交っていたのに、
今は見かけるのも僅かです。  
 子供の目には空を染めつくすかにも思えた無数の赤トンボ
いったい何時から数が減り始め、 そして何処へ行ってしまったのでしょうね?
 遠い日を無性になつかしく覚える今日この頃、秋は人をウエットな気分にさせるようです。
[PR]
by nwasi | 2007-09-24 11:02 | 日記

すすき

 すすきが見頃です。
銀色の穂を秋風が戯れるように吹き抜け、空は抜けるように青く高いのです。
月の出を待って秋の夜を楽しむのも良いでしょうね。
f0009028_21315662.jpg


 アザミに似ていますがトゲが無いので タムラソウでしょうか? それともノアザミ
f0009028_21321863.jpg


ススキの直ぐ横にホップが有りました。  

f0009028_10191991.jpg

かなり上の方まで伸びています。
[PR]
by nwasi | 2007-09-23 21:34 | 日記

何時もの道

 ぐるっと一回りして何時もの気に入りの道に戻ってきました。
ここは片側を水が流れているせいでしょうか、ひんやりと涼しさを覚えます。
f0009028_1842832.jpg

 つりふねの群れにようやく気持ちは癒されました。
f0009028_18451722.jpg

黄色のつりふねではありませんよね。 此処に黄色は無いようです。
f0009028_10142842.jpg

こがねくものお尻が赤くなり始めていますよ。
秋が深まるともっともっと大きくなるんですよね。   
何かの実と間違えて虫が寄ってくるんでしょうか? これも不気味です。
[PR]
by nwasi | 2007-09-23 18:54 | 日記

涼風たつ

 9月23日(日曜日)くもり

 昨日までの暑さに辟易としていたところ、今日秋分の日は少し涼しくなりました。
小学校そばの我が家はいつも子供の声でにぎわっているのに
休日はひっそりと車の音以外は何も聞えません。
何か気が抜けたような物足りなさを覚えて、Oさんに電話しました。
直ぐに金谷山へ行くことに決定です。
 暑い間敬遠していた上の道を歩くことにしました。
涼しさを求めたのは大間違い、いつもの下の道とは比べようも無く蒸し暑いのです。
湿度が高いところだからでしょうか、
きのこがやたら多く出ています。(私のクツと比較して大きさがわかるでしょう・・・!
こんなに気持ちが悪いのに食用のホコリタケ?)
f0009028_18333470.jpg

その上蚊の大群に(ちょっとオオバァーかな?)襲われて、受難の道に変わりました。
刺されたのは5~6箇所なんてものではないのですよ!
Oさんが一度に2匹も退治してくれるという有様ですからーーー!
そしてOさんが言うには私の後を5~6匹が攻撃をうかがい付いて歩いているということです。
美人のOさんを攻撃しないで「ブス・デブ」の私をねらう蚊たちは何て馬鹿なんでしょう!
でも・でも・見た目よりデブの方の中身がおいしいのかも知れません。
◎見かけに惑わされず美味しいほうにありつく蚊は利口ものかもね???
 気味の悪い”きのこ””蚊”ばかりが多いこの道はもうこりごり、この道は来春まで封印することにしましょう!
[PR]
by nwasi | 2007-09-23 18:30 | 日記

全国和紙祭り

 9月29日(土)・30日(日)
五箇山で全国和紙祭が開催されます。

私たちのグループは出品してはいませんが、ワークショップで参加します。
短時間で作れる『葉書です。
 多数のご参加をお待ちしています。
[PR]
by nwasi | 2007-09-19 12:24 | お知らせ

高校生の会話

 途中から列車に乗り込んで来た男女3人の学生、
最初は中学生か高校生かの区別が付きかねていました。

 通路を挟んだ隣から漠然と視野に入っていたのですが、
「いただきまぁす!」の元気な声にお弁当でも食べるのかなと視線をやると、
ドリンクを飲のにお行儀良く『いただきます』を言っているのです。
体育の部活帰りなのでしょうかTシャツに短パン姿でした。
 ついそれとなく聞き耳を立てていたら・・・・、
「ねぇ、Tくんって素敵よね。」と一人の女の子が言い、「そうだよね!」と合い槌が入り、そこへ茶化すように後ろから男の子「二人で片思いってわけ・・・?」
どちらの女の子か分らないが大きく「うぅん・話をするよ!」 「何て?」 「おはよう!」って、
男の子「それだけ?」 女の子「そうだよ。向こうもおはようって言ってくれるよ!」
男の子「それって恋人って言えないじやん! もてるわけないよなぁー!」
「○○君こそ・・・云々」と会話が続いて、
気が付くと○○君・××子さんとお行儀の良い呼びかけで話しが弾んでいました。

 女の子「うちのおばぁちゃん、
『無敵』って書いたTシャツ着て、弱いのに恥ずかしくないの?」と言うんだよ。
 ほんと傷つくよね。
男の子「そうなんだよ、最近のじぃ・ばぁは平気で傷つくこと言うよね。」
「あれってジョークのつもり?」 「勉強している時にやられると参ってしまうよな・・・!」
内心ドキッとした私です。

 ちらっと目をやれば女の子の一人は勉強をしているんです。
「邪魔してやろうよ!」と男の子が言い、
「だめだよ・××子ちゃんそういう時だけすっごく怒るんだよ!」
「へぇ~、勉強好きなんだね。」
「そうだよ、公務員試験・・・云々」と聞えたので始めて高校生だと分りました。
”今時の高校生は悪ばかり”と勝手に思っていた自分が恥ずかしくなりました。
 私たちはもう挨拶を交わすだけで心ときめく思いは取り返せそうにないけれど
こんな爽やかな彼らが居る限り日本の将来は大丈夫だと安堵しました。
[PR]
by nwasi | 2007-09-19 10:54 | 日記