人気ブログランキング |

<   2007年 04月 ( 20 )   > この月の画像一覧

水芭蕉

 4月27日(金曜日)晴れ

 かなり寒いのですが、光溢れる気持ちの良い朝です。
こんな日はやりたいことがいっぱい・・・・大物の洗濯・庭掃除など・など。
ヘヤーサロンからも「連休前に髪のお手入れはいかが?」とお誘いももらったけど・・・。
 でも、もっと気になることがあるんです。
テレビで妙高高原『いもりが池の水芭蕉』が見頃を迎えたとのニュースです。
とりあえずOさんに電話をして即決、2時に出かけることにしました。
 2時までフル回転で家事をこなし、わくわくして出かけました。
f0009028_22121910.jpg


 水芭蕉は例年と変わらず咲いているんですが、
まわりの遊歩道が整備されてつまらなくなってしまったのです。
1,5m位の木の道(橋?)、途中からはそれより酷いアスフアルトの舗装がされていました。
安全性を考えてかしら・・・?とも考えたのですが、
あのひと一人が通れる心地よい水辺の道はもうないのです。
背丈位の雑木を分けながら歩き、ひつじ草の咲く様子が大好きだったのに・・・・!
自然保護は大事だけれど、あまり人工的にしてほしくないです!
by nwasi | 2007-04-27 22:12 | 日記

まだ雪の多く残る妙高山

 4月27日(金曜日)晴れ 午後2時10分

 「例年今の季節こんなに雪があったかしら?」と思う今日の妙高山です。
雪が輝き、いつもより堂々として見えます。
まだ木々は目覚めたばかりで新緑にはちょっと早く、平地よりかなり季節は遅いようです。

f0009028_22105918.jpg


 池に映る山の姿がきれいです。
by nwasi | 2007-04-27 22:10 | 日記

くろもじの花

 4月25日 (水曜日)晴れ

 午前中小雨がぱらついたこともありましたが、午後からは日が射してきました。
午前中にお邪魔したお宅で生菓子を頂いたのでそれを持ってOさんと金谷山へ来ました。
まず誰も居ない広場のベンチでお菓子とお茶で腹ごしらえ(?)をしてから、
お気に入りの道を汗をかきながら登りました。

        始めてくろもじの花を見ました。 (高級な楊枝に使用する木)

f0009028_18482081.jpg


 標識が付いていたので見つけられたのですが、
優しい黄色の小さな花はうっかりすると見落としてしまいます。
小枝をちょっと折ってみたら、どきっとするような新鮮な香りを放ちました。

 今日は始めての道も散策しました。
いったい自分たちは何所に向かっているのか分らなくなって、
すれ違った人に聞きました。
何と何と、何時も行きつけていた”狼谷”に抜けました。
所要時間は1時間くらいでしょうか?  もっともゆっくり歩いていたのですが・・・・!
by nwasi | 2007-04-25 18:48 | 日記

つつじ

 今日始めて登って来た道で見つけたつつじです。
きっと名前があるのでしょうが、Oさんも私も知りません。
葉が3枚だから”三つ葉つつじ”なんだろうと思って居ます。
萌えはじめたばかりの新緑の中ではっとするような鮮やかな色でした。
助手を自任しているOさんが崖っぷちへ手を伸ばし枝を手繰り寄せてくれました。
携帯からですので画像は鮮明ではありません。(腕の悪さかもね?)
f0009028_1847061.jpg


 この道は途中いろんな楽しい名前が付いています。
「そよかぜの道」 「がんばれ坂」 「メルヘンの森」などです。
新しい発見や始めての体験は楽しくて年も時間も忘れてしまいます。
 とうとう2時間余を歩いてしまいました。
もちろん最後にお疲れさまのお菓子とお茶は忘れませんでした。
(歩いた後の甘味はじつに美味でしたよ!)
by nwasi | 2007-04-25 18:47 | 日記

懐石

 4月24日(火曜日)晴れ

 何時ものことながら・・・・食べるのが第一!
うっかり写真を撮るのを忘れて食べていました。
気が付けばお料理も中盤にさしかかっていました。
  
 手前がたけのこのはさみ揚げ
向こうが茶碗蒸し右が豆腐のしゅうまいです。
茶碗蒸しの中に小さな白玉がひとつやさしい食感です。
シュウマイは皆さんには好評のようでした。
 どうして蓋を取って中身を見せないか・・・・?ですって、
それはうっかり食べてしまった後なのですから!(とほほ~!)
f0009028_15305768.jpg


 コーヒーカップも和の感じで良いでしょう!
デザートはイチゴの豆乳アイスです。

 これも食べてしまった後です。   だってアイスは直ぐに溶けてしまいますものね!
f0009028_15305895.jpg


 食事の先にも後にも誰も展覧会のことについては発言が有りませんでした。
当然私も『食べることがすべて』状態でしたから、文句を言うことは出来ません。

 お腹もくちて心地よい午後です。 駅までの30分位を皆で歩きました。
by nwasi | 2007-04-24 15:30 | 日記

お昼に懐石

 4月24日(火曜日)晴れ

 新潟教室のみんなとお勉強は午前中だけにして豆腐の懐石料理へ行きました。

 先日展覧会を何時にしようと話し合っていた時、本題は一向に決まらず、
どうした弾みか、即決で懐石を食べに行く話になり、今日やって来たと言うわけです。

        お豆腐懐石のお店です。
f0009028_1516618.jpg

f0009028_1516689.jpg

by nwasi | 2007-04-24 15:16 | 日記

心のふるさと道

 今日始めて歩いてみた道ですが、ぐるっと回ったら展望台の所に出ました。

f0009028_2020415.jpg


 いたる所に”ちごゆりが芽を出しています。
ちごゆりは背丈が16~7cm、花は2㎝足らずの可愛いらしさで
ややうつむいて咲きます。
今は僅かに咲き始めたばかり・・・・、
あと4~5日もすれば見事な群落を見せてくれることでしょう!

f0009028_20204122.jpg

by nwasi | 2007-04-21 20:20 | 日記

4月21日(土)金谷山

 毎年何度も金谷山に来ているのに知らない所が沢山有ることに気がつきました。
今日は始めて右側の一番手前から登ってみました。
『心のふるさと道』という標識が出ていました。
夏には木々の緑に覆い隠されて薄暗くなってしまうのではないかと思うけれど、
今は萌え出したばかりの僅かな緑に緩やかな勾配を汗ばみながら登るのは
何かとても新鮮
f0009028_16595137.jpg


         イワカガミがつややかな葉に華やかなピンクの花を咲かせていました。
f0009028_1659518.jpg


 Oさんとおしゃべりをしながらの1時間位のウオークは私にとっては掛替えのないものです。
by nwasi | 2007-04-21 16:59 | 日記

4月21日(土)金谷山

 4月21日(土曜日)くもり

 今にも雨が落ちてきそうな暗い空です。
カッパを持って金谷山まで車で出かけました。
先日ミスミソウを見つけた所に上ることにしました。
我々の体力には程よい勾配で足を鍛えるには持って来いの場所です。
2~3日の間に緑は色を増し、咲く花も交代を終えていました。

 途中手入れをしているというおじさん達に会いました。
同級生で毎月1回集まり、
今日はもう作業を終えて下の広場の方で酒盛りも始まっているそうです。
気が付かない場所にふっと広がる驚きのお花畑を目論んでいるらしいです。
人に教えたいけれど乱獲されては困るし・・・と複雑な面持ちでした。
また孫と歩くのが夢だそうです。
ちなみにおじさん達は昭和16年と17年生まれだそうです。
          
              目立たないけれどすみれも可愛いです。
f0009028_1652639.jpg

               マムシグサをみつけました。
f0009028_165262.jpg


 上越に引っ越してきて、
山で始めてマムシグサを見たとき、この異様な姿に驚いたことを忘れません。
『さといも科でテンナンショウの仲間』
by nwasi | 2007-04-21 16:52 | 日記

上野公園

 4月20日(金曜日)晴れ

 久しぶりに充実した一日でした。
東京教室の帰りに『レオナルド・ダ・ヴィンチ展』を見るために上野にやってきました。
国立博物館・本館では『受胎告知』 のみの展示ですが、
金属探知、手荷物検査を受けてからの入場、
観内でも監視員が至る所で「立ち止まらないで下さい!」と大仰なものでした。
幾重にも並んだ人の頭越しに見る『受胎告知』は
ウフィツィ美術館で見てきたものとはまるで違う作品に見えてくるから不思議です。
 平成館ではダ・ヴィンチの画家としてよりも科学者のような徹底した観察や論証の数々、
ただ天才というだけではすまされない探究心に彼の精神性を感じました。
満たされた気分で会場を後にしたら、
”表敬館”のドーム型の屋根が視界に飛び込んできました。 
f0009028_22405663.jpg

        本館正面の大ユリの木  ここは大好きなスポットです。
f0009028_22405657.jpg

 何時来ても上野は人で溢れていて(それも中高年)なつかしいような所です。
まだ六本木のアート・トライアングルと言われている美術館には行っていないけれど、
「きっと私はこの上野の博物館や美術館の方が好きだわ・・・!」と独り言・・・・!
 帰りの列車では読みかけの『陣内秀信/福井憲彦著・地中海都市周遊』を読み終えました。
車窓を見れば細い下弦の月が出ていて、充足の一日に彩を添えてくれたようです。   
でも正直、疲れました!
by nwasi | 2007-04-20 22:40 | 日記