<   2007年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧

レモンラーメン

 3月28日(水曜日)晴れときどき時雨

 まだ冬タイヤのままでした。今日こそは変えなければと思っていた矢先、
Oさんから電話をもらい、『タイヤ交換を付き合い、その後昼食を一緒』の約束をしました。

 ガソリンスタンドが公園の近くなので、交換してもらっている間公園を散歩しました。
大方の桜はまだ硬い蕾ですが、日当たりの良い所だけは少しピンクが覗いていました。
写真撮るには「桜はまだ駄目・・・!」と思っていたら、 
お堀に立ち姿の綺麗な”青サギ”が居ました。
まるで私たちに向かってポーズを取っているようなので、チャンス!とばかり
携帯のカメラを構えた途端、私をあざ笑うかのように飛び去りました。
 
 タイヤ交換を終え、洗車してもらった私の車は何時もとは別の顔・・・!
これからは気候も良いのだし洗車は小まめにしようと決心(?)をしました。

 その後、レストランではなく、ラーメン屋さんへ行きました。
       特製『レモンラーメン』を注文しました。
f0009028_16545536.jpg


 「ラーメンにレモン・・・?」と半信半疑でしたが、
レモンの酸味がスープをさっぱりさせていて、とても美味しかったです。
一度はお勧めでぇ~す!
[PR]
by nwasi | 2007-03-28 16:54 | 日記

春の光に

 3月28日(水曜日)晴れ

 ブライインドの隙間から差し込む光に誘われて目が覚めました。
夜間知らない間に雨が降ったらしく
まだ雨粒を付けたままの木々が朝の光を浴びて輝いていました。
 二日間家を留守にしただけなのに見慣れた自分の庭が新鮮に見えます。
パジャマのまま庭に出て見ました。
         
          ”ヒヤシンス”が咲いていました。
f0009028_8545637.jpg

 5年前に友人のKさんからもらった一鉢が今は3鉢に増えたのですが
花は年を経る毎に小さくなっていきます。
         
 ”黄スイセン”も咲き始めていました。
f0009028_8545724.jpg

 ”黄スイセン”も手間要らず、ほって置いても毎年咲いてくれます。
気が付けば私の庭は『手間要らず』の木々や花しかないということです。
それでも季節の移ろいをいち早く知らせてくれる私の庭が大好きです。
 (ちなみに我が家の誰もが庭には関心が無く・・・、 
ですから紛れも無く「我が家の庭」は『私の庭』なのです!)
[PR]
by nwasi | 2007-03-28 08:54 | 日記

冬囲いを外したら

 冬囲いを外したら、庭のあちこちに春が息ずいていました。

 通用口の側にもう何年も前から咲いていてくれる「ヒマラヤユキノシタ」です。
この場所が気にいっているのか、いないのか・・・・?
増えもせず、減ることもなく毎年咲いてくれています。
f0009028_22564689.jpg

 
 「沈丁花」は庭中にあまい香りを漂わせています。
囲いを外さなくても香りで『春のとき』を知らせてくれます。
白花もあるんですが、一向に大きくなりません。   赤が優性なのですね。

f0009028_22564731.jpg


 「黄水仙」は蕾が膨らみ、「チューリップ」もかなり葉が伸びてきています。
見上げれば「白もくれん」の蕾も随分大きくなってきています。
この「もくれん」如何した訳か昨年は一個も花を付けなかったのですよ。
そのあおりか今年は多すぎる位に沢山の蕾を付けています。
散った時のことを考えると・・・・ぞっとします。
目立ちすぎるくらい大きな花びらを道路までまき散らしてくれますから・・・。
掃除が嫌いな私としては非常に厄介な花なのです。
でもそんなことはさて置き、花咲く春は文句なし楽しく心浮き立ちます。
ここ当分は庭掃除がとても楽しみです。(掃除嫌いな私ではあっても!)
[PR]
by nwasi | 2007-03-23 22:56 | 日記

冬囲いを外して・・・。

 3月23日(金曜日)晴れ

 一昨日の午後からかかってようやく冬囲いが取り外されました。
職人さんが風邪を引いたとかで、
親方が一人で来てくれたので、思いの他時間がかかったのです。
 今年は暖冬だったので木々は囲いを外してもらうのを待っていたことでしょうね。
庭の片隅、木の根元に植えてある”クリスマスローズ”
何時もの年は芽が出たばかりで職人さんに踏み潰されたりしていたのですが、
今年は15~20cm位に伸び、花も開き始めていたので踏まれずにすみました。

f0009028_18351025.jpg


              縄を解かれた”馬酔木”の花は満開
f0009028_18351028.jpg

                 (ちょっと写真がピンボケでが・・・!)
『解き放たれた』木々が急に生き生きと見えてきました。
まるで春ですよ!と告げているようです。
[PR]
by nwasi | 2007-03-23 18:35 | 日記

チューリップ

 3月20日(火曜日)

 誕生日にもらった植木鉢のチューリップを今日切りました。

花を長持ちさせようとなるべく涼しい所に置いて3週間もたせました。
鉢には球根がぎっしりと窮屈そうに植わっていたので、
とてもかわいそうだったのです。

f0009028_23593275.jpg


 ケチな私は葉を残して、肥料をあげて来年も咲かせる魂胆です。
チューリップは簡単だから大丈夫、きっと来年も咲きますよね!
来年の誕生日の楽しみにしておきます。

 私自身はどう考えても『花開く』は無理だけれど、
これからの人生が健康でより豊かなものになるよう
そして来年のお誕生日も無事に迎えられますようにと
ちょっぴり老後を考えたりもする今日この頃です。

 
[PR]
by nwasi | 2007-03-20 23:59 | 日記

プレゼント

 3月18日 (日曜日)雪
 
 16日、Aさんには懐石料理をご馳走になり、その上お土産までも頂戴したのです!
DVD(映画)を6枚にお菓子も頂いてしまったのです。
ところが私ときたら、何のお土産も持って行かなかったのです。
何と言う失態でしょうか・・・!
 お店からも誕生日の記念にと可愛いカップを頂きました。

 
f0009028_1548453.jpg


 今になって未練たらしく降る雪を眺めながら
Aさんからのお菓子を食べ、記念のカップでお茶を楽しんでいます。
気の利かない自分を反省しながら・・・・、

 
[PR]
by nwasi | 2007-03-18 15:48 | 日記

懐石

 3月16日(金曜日)

 思いがけなく、お誕生日のお祝をしてもらいました。
昨年9月に八尾『風の盆』で偶然隣合わせて、
以来、メールのやり取りを続けていたAさんと東京で再会を果したのです。
江戸っ子のAさんは東京に詳しいのは当たり前と案内をお願いしてはいましたが、
まさかお誕生日を祝ってくださるとは驚きでした。
 入店するとまず記念の写真を撮って、通されたのは二人だけの個室でした。
 
 『お豆腐が主の懐石』   メニューはまず桜茶が出て

 前菜    季節のお浸し、小鯛の小袖寿司、空豆、筍炙り焼き、うすい豆腐
 温物    豆腐しゅうまい
 蒸物    茶碗蒸し
 お造り   岡山産・たいらぎ貝の焼き霜造り
 鉢物    ふく福青豆豆冨・桜海老あん掛け
 揚物    筍の挟み揚げ
 煮物    飛龍頭
 汁物    赤出汁
 飯物    山菜御飯・香の物
 デザート  苺豆乳アイス                 以上でした。

f0009028_15232890.jpg

会うのはこれが二度目と言うのに話も弾んで、お食事もおいしく・・・・、
何よりAさんの細やかな心配りに関心しました。(私よりずっと若いのに!)

                               
[PR]
by nwasi | 2007-03-18 14:37 | 日記

シクラメン・2


 3月18日(日曜日)雪

 昨年暮れに処分寸前100円で買ったシクラメンが
まだこんなに綺麗に咲いていてくれます。
見ると蕾も有るのでもうしばらく楽しませてくれそうです。

f0009028_1315644.jpg

[PR]
by nwasi | 2007-03-18 13:01 | 日記

高田公園蓮池

 3月11日の高田公園

 今年に入って始めて来て見た高田公園です。
夕方近くになってから、Oさんと「春を探しに」来て見ました。
ずっと春らしい陽気が続いていたので、「少しは桜の蕾が膨らんでいるかしら・・・?」
と思って来てみたのですが、蕾はまだ硬く寒々としていました。
 
 今日はすっかり冬に逆戻り、厚い雲に覆われた夕日は
弱い光を「枯れ蓮」のお堀に投げかけていました。
静かな静かな夕ぐれのひとときです。

f0009028_22425597.jpg

[PR]
by nwasi | 2007-03-13 22:42 | 日記

新潟へ

3月13日(火曜日)

 ここへきてうんざりの空模様です。
今日は新潟へ向かわなければいけないのですが、
早朝に除雪車が通って、雪を退けなければ車は出せない状態です。
雪をあける手間より歩くほうが早いような気がします。
それで高田駅までリックをしょって歩くことにしました。
15~20分の距離なのにきついと感じるのは体がなまってしまっているんですね。

 快速くびき号で新潟に向かいました。
         何時もの柿崎~柏崎間の海の様子です。
f0009028_745949.jpg

   荒れ狂う日本海です。
白い帆柱を立てているところを撮ろうと思ったのに、
車窓からはなかなかシャッターチャンスがつかめなく
画像は帆柱が砕け散ったところです。

 私は冬の日本海が大好きです。(生活を考えると嫌なのですが・・・)
緊張感漂う荒々しさや厳しさが『耐え、生きること』へのエールのように思えます。
[PR]
by nwasi | 2007-03-13 07:45 | 日記