毛越寺(もうつうじ) (NO4)

 浄土庭園

 なんと優美で壮大な庭園なんでしょう!
池の面の静けさ、州浜のおだやかでやわらかな曲線は心も鎮まるようです。
浄土をイメージした往時の人の美意識と本願の心にふれたような気がします。

f0009028_1310667.jpg


 遣水の水底の玉石の美しさと蛇行する流れに、
今にも平安の貴人たちのさんざめきが聞こえてきそうな気がします。
f0009028_13181096.jpg

先に資料館で平安の衣装で流れに盃を浮かべ、和歌を詠む遊びのビデオを見てきたので、
今ここに立ってみるとあたかもそれらが行われているような錯覚に陥りました。
f0009028_13332337.jpg

 そしてしだれ桜の大木が一本象徴的にたっています。
開花の時はどんなだろうかと想像が膨らみます。
 朧な春の宵、舞い散る花びらの中に静かに舞う女人の姿が、見えるかも知れません。
[PR]
by nwasi | 2007-05-24 13:21 | 日記
<< 達谷窟(たっこくのいわや) (... 毛越寺(もうつうじ) (NO3) >>